特長Futures

ニューラル機械翻訳

ニューラルネットワークによる機械翻訳サービスを安全に利用

「ニューラルネットワーク」とは、人間の脳の神経回路を模した情報処理システムです。多層のニューラルネットワークによる機械学習の手法である「ディープラーニング」を活用することで、AIの精度は著しく向上しました。
2016年11月、Google翻訳は、このニューラルネットワークによる機械翻訳サービスを開始しました。
「ニューラル機械翻訳」は、従来のルールベースや統計翻訳のように文章をパーツごとに翻訳するのではなく、文章ごとに文脈を把握することで、より適切な訳語を選択し、人間による翻訳に近い流暢な翻訳を行います。
一方で、Google翻訳をはじめとする無料翻訳サービスは、サービス提供会社が機能向上などの目的で、翻訳コンテンツを二次利用する恐れがあります。企業が無料翻訳サービスをビジネスで利用する場合、情報漏えいのリスクを考慮する必要があります。最近では、情報セキュリティー対策として、無料翻訳サービスへのアクセスを制限する企業が増えています。
TecYakuの機械翻訳は、Google Cloud Translation APIを採用。Googleが、翻訳コンテンツを二次利用することはありません。TecYakuは、最新のニューラル機械翻訳を安心にご利用いただける、ビジネスユースに最適なニューラル機械翻訳サービスです。

Officeファイルをドラッグ&ドロップ

TecYakuの機械翻訳は、ドラッグ&ドロップでOfficeファイルをアップロードし、言語を選択して「翻訳スタート」ボタンを押すだけ。ファイルのテキスト情報を抽出し、機械翻訳を行い、翻訳結果画面に表示します。
「ダウンロード」ボタンを押せば、元のファイル形式でダウンロード。レイアウトを維持したままテキスト部分を置き換えるので、日本語のドキュメントをカンタンに多言語に展開することが可能です。

対応ファイル形式
ワード(.docx) / エクセル(.xlsx) / パワーポイント(.pptx) / PDF(.pdf) / HTML(.html)

対応言語(23言語)
日本語/英語/中国語(簡体字) /中国語(繁体字) /韓国語/インドネシア語/タイ語/ベトナム語/マレー語/タガログ語/ヒンディー語/ミャンマー語/モンゴル語/アラビア語/スペイン語/フランス語/ドイツ語/イタリア語/ポルトガル語/ロシア語/スウェーデン語/オランダ語/ポーランド語

Officeファイルをドラッグ&ドロップ

AIが複数の翻訳候補を提案

例文や過去の翻訳文から完全一致および部分一致の文など、複数の候補をサイドパネルに表示。ユーザー自身が、機械翻訳の結果を好みに合わせて修正することができます。「注文」ボタンをクリックすれば、翻訳を依頼したい文をプロの翻訳者へ依頼することも可能。機械翻訳と人力翻訳をうまく使い分けることで、コストダウンとスピードアップを実現できます。
また、分からない単語を調べるのに、別ウィンドーで辞書ツールや英語文例集を立ち上げる煩わしさがありません。TecYakuに搭載されたジーニアス辞書(オプション)で、単語の意味や用例を調べることが可能です。

AIが複数の翻訳候補を提案

翻訳フレーズを蓄積して翻訳精度を向上

気に入った翻訳結果は、「保存する」ボタンをクリックすると、翻訳フレーズとして、文章単位で翻訳データを登録。
保存できる翻訳データは、自分だけが利用できる“マイフレーズ”と、同じビジネスアカウント内で利用できる“カンパニーフレーズ”があります。
TecYakuの機械翻訳エンジンは、蓄積された翻訳フレーズを自動的に学習するので、使えば使うほど翻訳精度が向上。プロ翻訳による高品質な翻訳フレーズを蓄積することで、過去の翻訳資産で学習した、より良い機械翻訳の利用が可能です。

翻訳フレーズを蓄積して翻訳精度を向上

チームで利用できる翻訳支援サービス

TecYakuは、チームで利用することを前提にした翻訳支援サービス。ビジネスの現場で高まるオンライン共同作業のニーズにお応えします。
蓄積された翻訳フレーズをチームで共有することはもちろん、ドキュメントの共同編集やファイルの共有、ジョブの割り当てが可能。柔軟性の高いシステムと、シンプルで洗練されたインターフェースで、お客さまのグローバルコミュニケーションに貢献します。

チームで利用できる翻訳支援サービス

プロ翻訳

技術翻訳のエキスパートによる翻訳

一口に翻訳といっても、その目的や用途はさまざまです。
ユーザーの購買意欲を高める魅力的なコピーライティングが必要な製品カタログと、内容が理解できればよい社内文書では、求められる翻訳のクオリティーも大きく異なります。
機械翻訳の品質では満足できない。社内で翻訳するには時間が足りない。そんなご要望にお応えするのが「プロ翻訳」。画面上で簡単にプロの翻訳者へ翻訳依頼ができます。
TecYakuを支えるのは、さまざまなメーカーで実績を誇る、技術に精通したプロの翻訳者。
エンドユーザーが目にするオペレーションマニュアル、内容の把握を目的とした社内文書など、目的や用途に合わせた最適な翻訳者をアサインします。
豊富な経験と、高度な専門知識に基づいた高品質な英文は、多くのお客さまからご好評をいただいています。

効果的なプロ翻訳の活用方法

ラクラクWeb発注「プロ翻訳 Lite」

TecYakuの「プロ翻訳 Lite」は、取扱説明書などのエンドユーザー向けのコンテンツや、技術文書のような専門性の高いドキュメントで効果を発揮します。ご依頼内容の目的や用途に合わせて、豊富な経験と、高度な専門知識を持ったプロの翻訳者をアサインします。
「プロ翻訳 Lite」では、ご依頼前に画面上で価格や納期をご確認いただけます。
見積書の発行や、依頼中の案件の進捗状況の確認機能を搭載しているので、安心してご利用いただけます。

クオリティー重視の「プロ翻訳」

カタログなど品質を重視したいドキュメントや、多言語展開のご要望は、TecYakuの「プロ翻訳」にご依頼ください。
「プロ翻訳」では、ネイティブチェックなどの翻訳オプションや、英文コピーライティング、多言語展開はもちろん、技術翻訳以外の分野のご要望や、レイアウト調整、分納・特急対応など、お客さまのご要望に合わせて、当社スタッフが柔軟に対応します。

機械翻訳を効率的に活用「ポストエディット」

TecYakuは、機械翻訳の「ポストエディット」サービスを提供しています。
「ポストエディット」とは、機械翻訳の結果を人間がブラッシュアップすることで翻訳品質の向上を行う作業のことです。メールや社内資料など、プロの翻訳の品質は必要ないが、機械翻訳の品質では不十分な場合に最適です。また、機械翻訳と「ポストエディット」を組み合わせることで、ECサイトやトラブルシューティングなど、大量文書を効率的に翻訳することが可能です。
「ポストエディット」は、文書の目的や用途に応じて求められる品質基準が異なります。
明らかな誤訳・訳抜けの修正から、用語や文体の統一、流暢な言い回しまで。事前に品質基準を定め、修正項目を明確にしたガイドラインに従い作業を行います。

料金・依頼方法

プロ翻訳 Lite(取説説明書、技術文書、開発文書、社内マニュアルなど)

TecYaku編集画面の「注文」ボタンをクリックして注文してください。
翻訳対象の文章を選択し、目的・カテゴリーを選び、コメントを記入します。
「依頼する」をクリックするとご注文完了です。指定された納期に納品いたします。

プロ翻訳(カタログ、Webサイト、契約書など)

サイドメニューの「コンタクト」から、「プロ翻訳の依頼」を選択し、ご要望を入力の上、対象ファイルをお送りください。
経験豊富な当社コーディネーターが内容を確認し、メールまたはお電話で連絡します。
品質、納期、納品形式など、ご要望に合わせて柔軟に対応します。

ポストエディット(メール、社内資料、議事録など)

サイドメニューの「コンタクト」から、「ポストエディットの依頼」を選択し、ご要望を入力の上、対象ファイルをお送りください。
経験豊富な当社コーディネーターが、内容を確認し、メールまたはお電話で連絡します。
目的と用途に合わせて、事前に品質基準を定め、修正項目を明確にしたガイドラインに従い作業を行います。

テンプレート

技術翻訳のエキスパートによる500種類以上の翻訳フレーズを搭載

TecYaku独自の技術翻訳フレーズには、25年の豊富な経験と実績で培った、技術翻訳のノウハウが凝縮されています。取扱説明書や安全表記などでよく使われるフレーズを500種類以上ご用意しているので、今までの機械翻訳では難しかった、取扱説明書や安全警告文も高い精度で翻訳できます。

すぐに使える300種類以上の英文メールのテンプレート

TecYakuでは、メールや契約書、議事録など、ビジネスの場面で役立つ300種類以上の英文テンプレートをご用意しています。
海外拠点への連絡や、訪日外国人への対応など、グローバルなコミュニケーションが求められるビジネスの現場を強力にサポート。今すぐ使える英文テンプレートが、お客さまのビジネススピードを加速します。

セキュリティー

プライバシーを保護

TecYakuに保管されている情報は、お客さまのプライバシーが守られるよう安全に管理しています。
個別の翻訳データベースをご契約単位に用意し、第三者が許可なく参照・改ざんすることができないシステム構成になっています。
当社スタッフについても、システム保守以外の目的ではアクセスいたしません。
お客さまの同意を得たとき、または法令により要求される場合など、限られた特定の状況を除きデータを開示することはありません。

プライバシーポリシーはこちら >>

Amazon Web Servicesを利用

TecYakuは、Amazon Web Services(AWS)のデータセンターを利用しています。
AWSのサーバーは、独立した電源、空調、ネットワーク環境を持つ、異なるデータセンターにまたがって配備されています。
特定のデータセンターで障害が発生した場合、待機している他のデータセンターのサーバーへと自動で切り替わり、運用を継続します。
データベース内のデータは常にバックアップされており、万が一、人為的ミスでデータが消失したとしても、最長、過去35日以内のどの時点の状態にでもデータを復元することができる体制が構築されています。

Amazon Web Servicesの詳細はこちら >>

SSL暗号化通信

TecYakuでは、全ての通信に関しSSLを用いてデータを暗号化しています。これによって、第三者が内容を確認したり、改ざんしたりすることはできません。
SSLとはSecure Socket Layerの略で、ECサイトやWebページの盗み見や改ざんを防止する目的で広く使用されている通信の暗号化方法です。
アップロードされたファイルデータについても、全て暗号化して保管されていますので、安心してお使いいただけます。

IPアドレス制限オプション

TecYakuでは、IPアドレス制限オプションをご用意しています。
IPアドレス制限オプションをご利用いただくと、TecYakuへのアクセスを自社のネットワークだけに許可し、社外からのアクセスを遮断します。
社外の第三者からのTecYakuへの不正なアクセスを防止するため、IPアドレス制限オプションのご利用を推奨します。

IP制限オプションの価格はこちら >>

TecYakuは(株)SCREENクリエイティブコミュニケーションズの登録商標です。